お客様事例:松声堂川之江屋様
2022/05/27 00:00
こんにちは!
スイーツ事業部、企画営業の森谷です!

コロナも落ち着いてきたということもあり、
今年の母の日は帰省して、お花を直接渡すことができました。
ネットで購入、宅配が多くなってきた世の中ではありますが、
やはり手渡しが良いですね!
喜ぶ姿を見られて何より嬉しかったです!

さて!今回ご紹介する素敵なお店様は
愛媛県四国中央市の「松声堂川之江屋」様です。



なんと!創業300年以上の歴史あるお店様で、
創業当初から販売している『千鳥まんじゅう』が看板商品です。
こちらの千鳥まんじゅう、はるか昔の参勤交代の際に
お殿様へ献上されたお菓子のようです!
川之江屋の吉田様も先代から聞いたお話のようで、
書物などに記録はされていないようですが、
とても歴史を感じる、伝統あるお菓子です。



元々は和菓子屋さんでしたが、
オーナー様の修行先が洋菓子店ということもあり、
徐々に洋菓子も増えてきて、
伝統の和菓子を残しながらも新しいことも取り入れられています。

ギフトコーナーを拝見すると・・・




グラットンベアをはじめ、可愛らしい商品がたくさん並んでいました!
ラッピングの種類も多く、とても充実したギフトコーナーです。

伝統ある和菓子、可愛らしいラッピングなど
川之江屋様の強みが溢れる店内に目を向けがちですが、
今回僕が注目したのは川之江屋様の『サービス』です。

川之江屋様ではホールケーキの注文を受けた際、
その注文を受けたスタッフ様がお客様へ
メッセージを書かれているようです。



「お店側からすると何個も注文を受ける
ケーキのうちの一つかもしれないけれど、
お客様からしたら特別なケーキなんです。
だから、私たちもケーキ一つ一つをとても大事にしていますし、
お客様一人一人に丁寧に対応しています。
その想いをスタッフ全員に常に持ってもらいたいと思い、
メッセージを書くようにしました。」(吉田様)

スタッフ様のお名前も書かれているようで、
受け取ったお客様も「自分のために書いてくれたの!?」という
驚きや感動もあるかと思います!
※お写真では個人情報を伏せるため、
スタッフ様のお名前を消させていただいています。

「何回も書いていけば、似たような文章を書くことにもなると思いますが、
お客様のことを想う時間があることに意味があると思います。」(吉田様)


作業的になりがちな部分も原点に立ち返られるよう、
スタッフ様全員が同じ想いで働けられるよう、
そして何よりお客様にご満足いただけるような
素敵なサービスだと思いました!


松声堂川之江屋様
ご協力いただきありがとうございました!

松声堂川之江屋様の
インスタグラムはこちら