お客様事例:パティシエエヌトーク様
2022/05/23 00:00
こんにちは!

Sweets事業部の笹沢翼です。



ケーキ屋さんに入店した瞬間の、
お菓子を焼いている匂いが大好きです。
同じ洋菓子屋さんでも、お店によってその匂いは違うのが
またおもしろいですね。



今回も、僕が出会ったお店の素敵な取り組みをご紹介します。
今回のお店は、静岡県 静岡市にある
「パティシエ エヌトーク」様。









オープンして3年目の若いお店ながら、
テレビの取材も多く
インスタグラムのフォロワー数は1.3万人

外観・内観ともに絵本の中に出てくるような
可愛らしいデザインです。








エクレアを中心とした商品展開のケーキケース。
ゴマを使った珍しいシュークリームが看板商品で、
ダントツNo.1の人気だそうです!



















そんなエヌトーク様で、今回ご紹介したい取り組みはこちら。












ガチャガチャです!



以前もガチャガチャを取り入れられているお店が紹介されていますが、
バックナンバー
また違った用途での活用方法をご紹介します。






現金ではなく専用のコインを入れると、
おもちゃ入りのカプセルが出てきます。






エヌトーク様では、ガチャガチャを
どのように活用されているのでしょうか。
オーナーシェフの長島様に伺いました。



「当店のメインターゲットはお子様連れのファミリー層です。
静岡は洋菓子店がたくさんあり、
後発である当店を選んでもらうには差別化が必要でした。
お子様に『行きたい』と思ってもらえるお店にしたいと思い、
外観などもポップで可愛い印象にしています。

お子様はガチャガチャが大好きなので、
『あの店に行きたい』と言ってもらえる仕掛けとして導入しました。
実際、ガチャガチャのお子様への効果は実感しています。」
(長島様)




差別化の一環としてガチャガチャを利用されているんですね!
確かにお子様連れのお客様にとっては、
立派な来店動機になりますよね。




さらに、ガチャガチャが収益に繋がっているという
ポイントを教えていただきました。






「ガチャガチャはお買い上げ金額が2,000円以上で1回
回せます。
当店の主力商品はシュークリームやケーキなどの生菓子ですが、
大体のお客様が3~4個購入されます。
金額にすると1,500円前後が多いのですが、2,000円は
ちょうどケーキをあと1個プラスしてもらえれば
クリアできる金額なので、客単価のベースアップになればと
思っての金額設定です。」
(長島様)



いかにして商品を1点プラスで買ってもらえるかは
お店にとってはとても重要なポイントですが、
それにガチャガチャが一役買っているということですね!




「『ケーキ屋はこうじゃないといけない』という
固定概念をなるべく持たないようにしている」という長島様。



パティシエ エヌトーク様の戦略的な取り組みは、
お店の至る所にまだまだ隠されています!
が、それはまた次の機会に。







パティシエ エヌトーク 長島様
ご協力ありがとうございました!




パティシエエヌトーク様のインスタグラムはこちら





 
【今回の通信ライター】