お客様事例:patisserie nana様
2021/09/13 00:00
こんにちは!
スイーツ事業部、企画営業の森谷です!

10月でスイーツ事業部に配属されて
丸一年が経とうとしています。
たくさんの方とお会いできて
本当に充実した一年だったと思います!
まだまだ知らないこともたくさんあるので、
みなさまに教えていただきたいです。
よろしくお願いいたします!

さて!今回は前回に引き続きアンケート結果で
ご要望が多かった、「ディスプレイ」が素敵なお客様ご紹介します。
兵庫県姫路市の「patisserie nana」様です!



お店のイメージキャラクターはリスで、
店内はリスの住み家をイメージしたような作りになっていました。


まず、僕がお店に入って思ったのは
男性でも入りやすいお店だということです。
その理由は、店内があまり可愛すぎないからです。
「可愛くない」のではなく、「可愛すぎない」。

ギフトは誰かにプレゼントするものなので、
やはり可愛らしいものが多かったりします。



しかし一方で、焼き菓子コーナーを見てみると、
統一感のある什器にシンプルなスイーツパック。
こういうのが好みの男性も多いと思います。



最近はスイーツが好きな男性も増えてきており、
洋菓子店に足を運ぶ男性も増えてきたそうです。
もちろん、ギフトを買いに来られる方もいらっしゃいますが、
コロナをきっかけに自家需要として買う方も増えました。
そういった方には特に焼き菓子コーナーは
可愛すぎない方がハマるのかもしれませんね!


次に僕が注目したのはこちらです!



観葉植物です。
観葉植物を店内に置くことで、さまざまなメリットがあります。
・リラックス効果          
・外から見たときのお店の印象アップ!
・空いたスペースの有効活用     
・店内にメリハリをつけてくれる など


エントランスにも素敵な植物がありました。

店内にぽっかりと空いてしまっている
スペースがあるのであれば、
ぜひ観葉植物を置いてみてはいかがでしょうか?


最後に僕が注目したのは、こちら!



手書きのディスプレイとチラシです!
僕がnana様の中で一番好きなポイントです!
もうすでに取り入れられているお店様も多いかもしれませんね。

手書きにすることの最大のメリット、
それは「人の温もり」を伝えられることだと思います。




月に一度発刊されている「patisserie nana News」。
「毎月楽しみにしてくださっているお客様もいるので、
どれだけしんどくても欠かさず毎月続けています」と山岡様。

字や絵の上手い下手はあると思いますが、
それが味となってお客様にも伝わります。

人の気持ちのことなので見えない部分にはなりますが、
必ず気づいてくださるお客様はいらっしゃると思います。


patisserie nana様のお客様への想いが
ディスプレイに表れているように感じました!
本当に終始ほっこりする空間でした。


patisserie nana様
ご協力いただきありがとうございました!

patisserie nana様の
ホームページはこちら
インスタグラムはこちら