お客様事例:パティスリーリアン様
2021/08/18 00:00
こんにちは!
スイーツ事業部、企画営業の森谷です

数年前から連載させていただいている「暮松通信」が
あと少しでvol.100を迎えようとしています。
このスイーツ通信もvol.100を超えられるよう、
さらにお客様にお役立ちできるようがんばりたいと思います!

さて!今回も僕が訪問した素敵なお店様の
取り組みをご紹介します!
大阪市住吉区の「パティスリーリアン」様です!



地下鉄我孫子駅から降りてすぐのところにあるお店で、
広い店内には充実したカフェスペース、
イベント時には迫力のあるディスプレイをされていました。



※昨年のハロウィンのディスプレイ

ディスプレイ用のアイテムはいろんなところから
購入されているそうですが、
ハロウィンとクリスマスはより雰囲気を出すために
コストコで購入されているそうです。

僕がパティスリーリアン様をご訪問したのは
昨年の10月と今年の6月末でしたが、
どちらも季節の雰囲気がしっかりと伝わる
素敵なディスプレイだと感じました!



今回みなさまに一番お伝えしたいことは
リアン様流の資材選び」です。

資材・包材を決定するのは、オーナー様もしくはラッピングご担当者様が
多いのではないでしょうか?

しかし!
リアン様ではオーナーの向井様以外の
スタッフ様(アルバイトの方も)で資材を考えられています
スタッフ様がカタログを見て、向井様に提案しているそうです。

スタッフは一消費者でもあるので、
スタッフが良いと思うものは
他のお客様からしても良い商品ということだと思う」(向井様)

スタッフ様が選んだ商品が店頭に
並べられていましたので、拝見してみると・・・


商品名:けんちゃん

よくあるパターンとしては、ヘッズの商品名を
そのまま商品名にしていただいていることが多いのですが、
こちらでは「けんちゃん」と名付けてもらっていました(笑)

商品名までスタッフ様が考えられており、
「このネコの巾着、けんちゃんっぽい」ということで
この商品名になったそうです!

このような商品名だとお客様もついツッコみたくなりますよね。
そこからお客様とのコミュニケーションが増えていくことも!

スタッフ様としても
自分が選んだ商品が、自分が考えた名前で
店頭に並ぶのを見るとわくわくしますよね!


スタッフ様のモチベーションを上げながら、
世間のニーズに合ったギフトを展開されているリアン様。
行くたびに変わる店内とギフト、わくわくが止まりません!


パティスリーリアン様
ご協力いただきありがとうございました!