お客様事例:ラ・トルチュ様
2022/02/14 00:00
こんにちは!
スイーツ事業部、企画営業の森谷です!

オミクロン株の感染急拡大により、
お店様へお伺いできなくなってしまいました。
直接お会いすることはできませんが、
お電話やメール、LINEなどで皆様を
サポートさせていただきます!
少しでもお力になれればと思いますので、
何かございましたらいつでもお気軽にご連絡ください!

さて!今回も僕が出会った、素敵なお店様をご紹介します。
大阪府堺市の「La Tortue(ラ・トルチュ)」様です。



オープンして3年目、ご夫婦で経営されているお店様で、
地元・大阪府 堺市の古代米を使ったスイーツを展開されています。
資材発注ご担当の廣岡様(奥様)は
お話しすることが大好きな方で、
よくお客様と楽しそうにお話しされています!

僕が初めてお伺いした時も
優しくお声掛けいただいて
嬉しかったのを今でも覚えています!

僕がラ・トルチュ様で一番気になったのはこちら!



寅ちゃん、赤おにケーキです!
お客様の目を惹くインパクトのあるケーキです。
時期が違えば、他にもいろんな商品が並んでいます。



行く度に新しい商品があり、
期間限定商品がとにかく多いです(笑)

「どこからこれだけのアイデアが出てくるのか」
「どうして次々と期間限定商品を出されているのか」
とても気になったので、廣岡様にお伺いしてみました。

「何か目的がないとケーキ屋さんに来られないので、
イベントや誕生日がなくても『ケーキを食べたい!』と
思ってもらえるようしたいと思っていました!
もしくは、何かのイベントをきっかけにご来店いただいた方の
目に留まるようなケーキがあれば
次回来店していただくきっかけになるかも!」(廣岡様)



消費者目線から奥様が
「こんなケーキがあれば~」とお話しされて、
オーナー様がそこからヒントを得て
スイーツを作られています!
まさにご夫婦ならでは連携プレーです!



これだけの商品を出されているのも
ご来店いただくきっかけづくりだけでなく、
お客様に季節の移り変わりを楽しんでいただきたい
という想いがあるからだそうです。

梅雨の時期には『雨上がりの虹ケーキ
夏には涼しさを感じられる『笹福餅
冬至には『ゆずの焼きモンブラン』など
スイーツで季節を楽しめます!

日本の四季のように日々移り変わる
ラ・トルチュ様から目が離せません!

いかがでしたでしょうか?
イベントや誕生日の時に食べるイメージのあるケーキを
より日常の食べ物として認識してもらう素敵な取り組みでした!


ラ・トルチュ様
ご協力いただき、ありがとうございました!

ラ・トルチュ様の
インスタグラムはこちら