新商品一覧へ

カテゴリから探す

暮松通信

暮松通信

vol.40小さなお店 繁盛店の法則

このたび弊社のお客さま向けに、全20回の小冊子「小さなお店繁盛店の法則」を創刊することとなりました。
監修は、「1位づくり戦略コンサルタント」の佐藤元相(さとうもとし)先生です。

先生との出会いは、幹部社員がセミナーを受講したのがきっかけです(月2回・6カ月)。
受講後に感想を聞くと非常に興味深い内容だったので、別の機会に1度受講してみたところ、大きな収穫がありました。
あらためて「お客さま視点」の大切さがわかり、つい「自社視点」になってしまう自分の考えが間違いだったことに気づいたのです。
すっかり先生に惚れ込んだ私は、ほかの社員と一緒に学びたいという気持ちになりました。
それで、社内セミナーをお願いしたのですが、先生は実践的なコンサルティングに加え、 執筆・講演活動でも多忙を極めておられ、実現までに1年もかかりました。
こんなに熱心に男性を口説いたのは初めてです(笑)

それから約3年間、毎月弊社までお越しいただき、「商い」にとって大事なことを、わかりやすく教えていただいています。
創刊号にある「お客様に選ばれている理由」についても社内で考えてみました。
大半のスタッフは、1番の理由を「商品のデザイン」だと思っていたのですが、 お客さまの声を集めてみると、「少量でも購入できる」でした。
これには私も、「そこ?」と、拍子抜けしましたが、選ばれている理由を知ることでお客さまと感覚のズレが少なくなり、 自社の強み・弱みを考える際にも有効だと実感しています。

弊社のお客さまは、営業時間が長い小売店を少人数で営んでおられるところが多く、
「良いセミナーがあっても参加できない」
「本を一冊購入しても、読むためのまとまった時間を取りにくい」
という声を耳にします。
また、「近隣でセミナーの開催が少ない」というケースもあります。
冊子では、 そういったお客さまに「繁盛店の法則(商いの原理原則)」を少しずつお届けします。

専用ファイルに全巻揃うころには、今以上の繁盛店となっておられることを願っています。

◆こぼれ話◆
「暮松通信」も、佐藤先生のアドバイスで発行することになりました。
毎回ネタ探しに四苦八苦していますが、気がつけば 40号。
楽しみにしてくださっている方も増え、「いつも読んでますよ!」と、 展示会で声を掛けていただくことがあります。
初めてお会いするのに私のことをよくご存じなので照れくさい反面、 実はかなり喜んでいます。
どうぞ、これからも喜ばせてください。