新商品一覧へ

カテゴリから探す

暮松通信

暮松通信

vol.41社是を変えても会社は変わらない

いままでにも何度かお話しましたが6、7年前までの弊社は非常に離職率が高く、 入社しても 2~3年で退職してしまい、また採用するといった状況。
解決策もなく切羽詰まっていたときに、 小林秀司先生の著書「元気な社員がいる会社のつくり方」を手にしました。
ここだけの話、感動のあまり涙を流しながら読みました。

小林先生は、なによりも人を大切にする志向を優先することを「人本主義」と呼び、 そして、幸せにしていく優先順位を、
(1)社員とその家族
  ↓
(2)社外社員とその家族
  ↓
(3)お客さま
  ↓
(4)地域社会の住民
  ↓
(5)株主社員…
とする経営を 「人本経営」と呼んでいます。
もちろん、呼び方に感動したわけではなく、深い内容に感動したのです。
そして、すぐに感想を書いて FAX を送信。
翌日には東京のオフィスを訪問しました(笑)

以降、先生にお力添えいただくようになり、売上主義だった私は考えをあらためて、社是も「感動創造企業」から「幸せ制作会社」に変えました。
しかし、社是を変えたらすぐに会社が変わるわけでも、離職率が下がるわけでもありません。
社是にふさわしい会社にする(なる)ための何かが足りないと思い「行動指針」を明確にすることにしました。
これがまた難しかった!
小林先生と半年かけて本気で考え、吟味を重ね、過不足なく11カ条。
弊社のミッションとして「HEADS HEART」と名付けました。
これは、一人ひとりの心に浸透し、行動に反映させてこそ意味があります。

弊社では毎朝 15 分間、50人ほどが輪になって朝礼を行います。
その最後に全員で、11カ条の中から1つを唱和します。
導入当初は口先だけで唱和しているようにも見えましたが、毎日繰り返すうちに、 「なぜ仕事をするのか」が腑に落ちるようになってきました。
実際に離職率も下がり、「人本経営」の手本として他社から見学に来られることもあります。
社員が生き生きと働いている姿を見て、「本当に幸せ制作会社ですね」と言われると、ここだけの話、感動のあまり涙を流しそうになります。

◆こぼれ話◆
佐藤元相先生監修の「小さなお店 繁盛店の法則」は、ご覧いただけましたか。
お客さまの参考になればと考えて創刊しましたが、あらためて読んでみると、「うちもまだまだ…」と反省しきり。
「経営の師」と仰ぐ佐藤先生や、今回ご紹介した小林秀司先生に出会い、学び、気がつけば、若いころの自分からは想像できないほど勉強熱心な 60 歳になりました(笑)