新商品一覧へ

カテゴリから探す

暮松通信

暮松通信

vol.72働き方改革に異議アリ!

弊社のお客さまは、小規模のケーキ屋さん、花屋さん、雑貨屋さんが多く、いまオーナーさんが抱える悩みのひとつが、人材不足です。
その解決策として、よく挙げられるのが「賃金アップ」です。
大半のオーナーさんは、「頑張っているスタッフの給料を上げてあげたい」と思っています。
それにはまず利益を出さなければならない、
利益体質にするには人材が足りない、
足りない人材で利益を出そうとするので無理が生じる、
結果的にスタッフとの関係がギクシャクする…
といった悪循環に陥っています。
このタイミングで、政府が打ち出してきたのが「働き方改革」です。

改革という言葉に何かが良くなると期待したのですが、結局のところ「休みを増やせ」という話。
オーナーさんの悩みは深くなるばかりです。
スタッフの休みを増やした分をオーナーさんがフォローできればよいのですが、もともと休む間もないほど働いてらっしゃることが多く、このままでは本当に疲弊しきってしまいます。

スタッフは単純に時間を切り売りしているわけではなく、商品そのものや接客が好きで勤めている人が多いです。
たとえば、ケーキ作りが好きな人が趣味でケーキを焼く場合、 何時間でも誰からも制限されることはありません。
ところが、お店に勤めてケーキを焼く場合、 時間が来たら「はい、ストップ!」と言われることになるのです。
経験を積み、技術を磨くことが幸せだと思う人もいるはずなのに…。
お花屋さんの場合は、お客さまと言葉を交わしながら、花材をチョイスして花束を作ることがあります。
そういった時間が楽しく、やりがいを感じている人も 「とにかく短時間で」と法律で縛ってしまうのです。
働く時間を短くするために、お客さまとのコミュニ―ケーションの時間を削り、雑な接客をしてしまうことがストレスになりかねません。

「休みが多く、働く時間が短いことが万人の幸せ」と言わんばかりの働き方改革に、異議アリ。
残念ながら私にも妙案が浮かびません。
“ 意義 ”アリの改革を望みます。

◆こぼれ話◆
何度も挫折しそうになりながら、発行を続けている暮松通信。
69号で、膝を傷めた話をしたところ、2人の友人がすぐに電話をくれました。
訪問先でも膝を心配してくれる方が多く、読まれていることを実感して心の中でガッツポーズ。
これに味をしめて、挫折しそうになったら、心配してもらえる話をします。
「かまってちゃん」とか「老害」とか言われない程度に(笑)