新商品一覧へ

カテゴリから探す

暮松通信

暮松通信

vol57.今年こそは本物に!!

明けましておめでとうございます。本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

私達はいつも「良い会社」にしたいと思ってますよね。
私は創業以来ずっとそう思っています。
ところで、良い会社とはどんな会社でしょう。
昔の私は、文句も言わず社員が働いて、売上があがって、私ががっぽり稼げたら最高に良い会社だと考えていました。
ただ、思うようにはならず、不満を抱いてやめる社員が続出…。
人が組織の一員として働くには「大儀」が必要です。会社の場合は、社是ですね。
いま思えば、「社長を儲けさせるために働こう」という人がいるはずもないのに、私はそこに気づいていなかったのです。
ケーキ屋さんやお花屋さんと話をすると、人材の採用・育成、売り場づくりや接客で悩んでいる方が本当に多いので、佐藤元相先生監修の小冊子「小さなお店 繁盛店の法則」をおすすめしています。
バックナンバーは、弊社Webサイトにも掲載。
先生の勉強会をご覧いただける「ワークショップの動画を一挙に大公開!」のページも、ぜひクリックしてください。
先生の妹さんが、この法則を実践したところ、ヤクルトの販売員さんとして千葉県で売上ナンバーワン、関東圏でもトップクラスになったという話が出てきます。
また、弊社のお客さまでもある菓子店オーナーも登場し、赤裸々にビフォー・アフターを発表されています。
先日、そのお店を訪ねると、「以前よりお店が明るい!」と感じました。
スタッフや商品、お店が持っているオーラが変わったような気がします。
聞くと、昨年対比が驚異の伸び率を示していました。

よく耳にする「社長が変わらなければ、会社は変わらない」というのも、私は身を持って経験しています。
この「変わる」というのも、変わり方を間違うと会社はあらぬ方向へ行ってしまいます。
新年早々、私が過去の恥ずかしい話をしているのは、何気なく使っている「良い」や「変わる」という言葉の中身がどうなっているのか、いま一度考えていただきたいからです。
あぁ、私ももっと早く、佐藤先生に出会いたかった!

◆こぼれ話◆
2年前還暦を迎え、実のところ、いろんな事を任せていこうと考えていたのです。
ところが、肩の力を抜いて省エネモードになった分、どこかにエネルギーが蓄積されていたのでしょうか。
最近「まだまだ行けるぞ」と、ワクワクすることが多く、やりたいことや新しいマーケットのアイデアがどんどん湧いてきます。
2018年はエンジンを噴かし直しますよ、暴走しない程度に(笑)