新商品一覧へ

カテゴリから探す

暮松通信

暮松通信

vol.54最上級のBランクを狙う

前号との間隔が、いつもより少し長くなりました。
みなさん、前号のお話を覚えてくださっていますか。
取扱商品は、「使ったら無くなるモノ」が良いということで、ケーキ屋さん、花屋さん、雑貨屋さん、そして弊社にも、まだまだ伸びしろがあるというお話でした。
ただ、弊社に関しては、若干、建前の部分がありました。
本音を言うと、「残るモノ」が良い。
正確には、「残してもらえるモノ」が良い。
紙袋などの包装資材は、あくまでも脇役です。
大げさかもしれませんが、中身を取り出したあとは、ポイッと捨てられる運命にあります。
使ったら無くなるのはわかっているけれど、 手にした人から「捨てるのはもったいない」と思ってもらいたい…。
ちょっとわがままですね(笑)

ある女性に聞いた話なのですが、商品が入っていた袋を A・B・C・Dにランク分けして残す方が結構いるそうです。
Aランクは、ハイブランドのロゴが入ったもの、Bランクはノーブランドでもデザインがオシャレなもの、Cランクはとりあえず残しておくもの、Dランクはすぐに捨てるもの。
ここで言うAランクは弊社の分野ではありませんので、弊社の袋はBかCかDに仕分けされるわけですね。
そのときに、「オシャレだから取っておこう」「ちょっとしたお使いものを入れるのにちょうど良い」 「通勤のサブバッグ代わりに使えそう」といった価値を感じてBランクに入れてもらえるかどうか。
これはとても大事な部分だと考えています。

腕のいい料理人が作った料理を、センスのいいお皿に盛るのか、安い紙皿に盛るのか、その差は大きいと思いませんか。
それと同じですよね。
別の言い方をすると、袋やパッケージは、商品の花嫁衣裳。
弊社のお客さまの商品に、素敵な花嫁衣裳を着ていただけるように、今後も最上級のBランクを狙っていきます。

捨てられるモノ、されど残してもらえるモノ。
今回は、あらためて自社商品の位置づけを考えてみました。

◆こぼれ話◆
前号で「使ったら無くなるモノが良い」と言い、今号では「残るモノが良い」と言うと、言っていることがコロコロ変わると思われたでしょうか。
何事も、臨機応変。お店や会社を経営されている方なら、今回の話の真意はご理解いただけたと思います。
ちなみに私は社員から、「社長は臨機『豹』変」と言われたことがあります。
上手いこと言いますね(笑)