新商品一覧へ

カテゴリから探す

暮松通信

暮松通信

vol.53使ったら無くなるモノが良い

いま一番ほしいモノは何ですか?
私が若いころは、車がほしい、腕時計がほしい、靴が、鞄が、オーディオが…と、ほしいモノばかりでした。
給料もボーナスも、大半がほしいモノに消えていきました。
ほしいモノのためにお金を貯めることはあっても、「貯蓄のための貯蓄」は皆無に等しい状況…。
当時は意識していませんでしたが、ほしいモノには、必需品だけではなく心や所有欲を満たすものもありますね。
特別な必要性はないのですが、彼女をつくるための必需品?
カッコ良く見せるためのツール(車のように)、心や所有欲を満たす要素が強いかもしれないですね。

「いま一番ほしいモノ」に話を戻します。
自分の生活を見回すと、ある程度の必需品はそろっています。
ぜひとも手に入れたいと思えるモノが少なくなり、それを寂しく感じることさえあります。
ただ、それは私だけではなく、世の中の大きな流れであることは、みなさんも実感されているのではないでしょうか。
お片づけ術、ミニマリスト…。
モノを手放したシンプルな暮らしが脚光を浴びているのも、モノ離れを表しています。
メーカーや小売店にとっては厳しい状況にも見えますが、悲観するのは早いですよ。

私が包装資材の仕事を始めたころ、尊敬する経営者から、良い商材として太鼓判を捺していただきました。
「使ったら無くなるから良い」というのが一番の理由でした。
つまり、繰り返し買っていただける。
では、当社のお客さまであるケーキ屋さん、花屋さん、雑貨屋さんは、どうでしょう。
ケーキは食べたら無くなります。
お花も繰り返し買っていただけますね。
雑貨は、消耗品とギフト需要に期待できます。
モノ離れの時代だからこそ、ギフト(贈る心)に価値を見出す人が増えてきます。
また、「自分では買わない・買えないけれど、もらったら嬉しい」というモノのもたくさんあります。

みなさんのビジネスも、まだまだ伸びしろがありますよ。
使ったら無くなるモノを扱っていて本当によかった!

◆こぼれ話◆
おかげさまで弊社のメッセージカードがご好評をいただいております。
これは、モノに心を添えて贈る方が増えているからかもしれません。
店内にちょっとした記入台を設けてカラーペンなどを用意しておくと喜ばれそうですね。
私自身、いま一番もらって嬉しいのは、社員全員からの手書きメッセージです。
手書きのものって一生の宝物ですよね。