新商品一覧へ

カテゴリから探す

暮松通信

暮松通信

vol.48宝探しをしましょう!

明けましておめでとうございます。本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

この時期よく耳にする「一年の計は元旦にあり」という言葉。
これは、「一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり」とも言い、何事も最初が肝心であることのたとえです。
もちろん、ビジネスにも当てはまりますので、年始にあたって今一度、肝心なことについて考えてみました。

Airbnb(エアビーアンドビー)をご存じでしょうか。
「空いている部屋」と「借りたい旅人」をマッチングさせるサービス(サイト)です。
別の業界で似た着眼点のものでは、UBER(ウーバ)があります。
一般人が「自家用車と空き時間」を使って、タクシー同様に客を目的地まで乗せる配車システム(アプリ)です。
いずれもアメリカの企業であり、日本では法整備の問題もあるようですが、注目したいのは、サービスを提供している企業が、ホテル・不動産業や運輸業ではない点です。
業界外の「第三者」の目線でお客さまのニーズを見つけ出し、新しいサービスにつなげているのです。
誤解を恐れずに言うと、既存の業界は、お客さまのニーズを見逃し、サイトやアプリを作っているIT企業にお客さまを取られているのです。

昨年夏の暮松通信でも話しましたように、お客さまのニーズは「モノ中心」から「コト中心」へ移行しています。
ビジネスにおいては、ますますお客さまの視点が重要になります。
幸い、私もみなさんも経営者であり消費者でもあります。
店舗やネットで商品を購入したり、飲食店で食事をしたり、散髪にも行きますし、車の運転もします…。
日常生活の中で、お客さま目線になる機会は十分あるのです。
こうした「第三者」の目で自社商品をチェックしてみると、新商品のアイデアにつながるケースが多々あります。
場合によっては、他社とのコラボレーションも効果的。
弊社もそのようにして、新しい商品を創り出しています。
お客さまのニーズは宝物。さぁ、今年も楽しく宝探しをしましょう。

◆こぼれ話◆
自社の目線ばかりだとお客さまにとって不便だったり、もの足り無かったり。
逆に、お客さまの目線ばかりだと、自社の利益につながらなかったり。
やはりバランスも大切です。
現在お届けしている「小さなお店 繁盛店の法則」には、そのあたりのヒントも満載。
活用して売上げ2割アップを達成しているお店も出てきています。
新しい年、みなさんも良いスタートを。