大人っぽいものからキュートなものまで新デザインがもりだくさん!2022年クリスマス予約6月21日スタート!

新商品一覧へ

カテゴリから探す

暮松通信

暮松通信

vol.107ロングセラーの理由を探る

新商品の発売時は、どれも「売れる!」と思っています。
ドカンと売れて、その後ロングセラーになる予定なのです。
ドカンについては比較的短期間で結果がわかるものの、ロングセラーについては月日が経ってみないとわかりません。
今回は発売から20年前後の3つの商品を見ながら、ロングセラーになった理由を探ってみます。

●1つ目はギンガムチェックの袋。
チェック柄は、パソコンで直線を組み合わせると簡単にできますが、味気ない仕上がりになります。
糸を交差させた布地のような風合いを出すために、妥協知らずのデザイナーが手描きで仕上げてくれました。
こうした細部へのこだわりが、長年愛される理由のようです。
お客さまからも「なんか優しいチェックやなぁ」と言われます。

●2つ目はフロストバッグ。
まだアイテム数が少なかったころ、「ヨソと違うけど奇をてらわずオシャレなバッグ」という、ハードルの高い企画に取り組みました。
すりガラスのようなスモーキー素材を使い、ほどよい透け感を表現。
アルファベットを地模様のように並べて、透け具合に強弱もつけました。メッチャ売れました。
このシリーズで弊社の売り上げが数段アップしたほどです。
その後、至るところでデザインを盗用されました。
悔しいけど嬉しい。盗用されるほど良いデザインだったからこそロングセラーになったのでしょう。

●3つ目はスノーマンを印刷したクリスマス用の白いポリ袋です。
従来は1色印刷でしたが、デザイナーから4色案が出てきました。
1色増えるごとに原価がグッとあがるので「高くなるからあかん」と却下したところ、2色案が出てきました。
それらのサンプルを持って問屋さんへ行くと、「高くても4色がいい」という反応。
その言葉に背中を押されてゴーサインを出しました。
爆発的に売れました。
高い=売れないというのは間違いだと気づかせてくれた商品です。
バリュー(価値)が認められてロングセラーになったと言えそうです。

◆こぼれ話◆
ロングセラーの理由を探ってみても、なにかひとつ正解があるわけではないので、結局は「後付けの理由」になりました。
売れている商品の自慢話みたいで面白くなかったかもしれません。
実はこの何倍、いやもっとたくさん、お蔵入りした企画や不発に終わった商品があります。
「そっちの話の方が楽しみ」という声が聞こえた気がするのは、被害妄想でしょうか(笑)