新商品一覧へ

カテゴリから探す

暮松通信

暮松通信

vol.102一通の手紙と一枚の色紙

66歳になりました。
その2日ほど前、あるケーキ屋さんから手紙が届き、何度か訪れたナチュラルテイストのお店を思い浮かべました。
感想をひとことで言うと「想いが隅々に行き届いたお店」です。
店舗前の植栽や店内のレイアウト、装飾雑貨、POPなど、どれをとってもお客さまの視線・動線・心地よさを考えたものになっていて、駐車場にもその空気が漂っています。
ケーキが並ぶショーケースや焼菓子コーナー、ギフトコーナーなども、つい長居したくなる設えです。
もちろん、想いは商品にも反映されていて、「作った商品を買ってほしい」ではなく、「買いたいくなる商品を作る」を基本にしているのがよくわかります。
また、スタッフの接客が、このお店の空気感を創り出していることも記憶に刻まれています。

手紙の本題は、私と同世代のオーナーシェフが、引退はせず息子さんにバトンを渡すというものでした。
さまざまな決定権を社員に譲り始めた自分自身と重なり、「お互いよく頑張りましたね」という気持ちになりました。
こうした人気店は一朝一夕に完成するわけではなく、何年かかるかわからなくても、想いを持ち続けてやり続けるしかないと思います。
ちなみに、封筒はお店のオリジナルデザインで、宛名は達筆な筆文字、さらに切手はスイーツ柄でした。
一通の手紙にも想いが行き届いていて、参りました!

誕生日当日。
ここ数年、社員全員からメッセージカードをもらっていたのに、今年は色紙が一枚だけ。
その色紙には、部署ごとのQRコードが貼られていて、スマホをかざすと一人ひとりのメッセージカードが表示されるようになっていました。
これなら、いつでもどこでもアクセスして読めるうえに、カードの保管方法に悩むこともありません。
意外性があって楽しく、QRコードのユニークな使い方に感心しました。
ひとつだけ腑に落ちないのが、私のポジションが「みんなのお父さん」だったことです。
自分では「みんなの兄貴」のつもりなのに…。

◆こぼれ話◆
社員が増えて、お誕生日を祝ってくれる人が増えるにつれ、うきうき感も増すようになりました。
祝ってくれてありがとうという気持ちで、その日を「特別感を持って過ごしたい」という気持ちが強くなってきたのです。
社員がいなかったころを振り返ると、祝ってくれるのは、ほぼ家族。
それなのに、たびたび忘れられていました...