新商品一覧へ

カテゴリから探す

暮松通信

暮松通信

vol.05暮松が憧れた2人ついてのお話

こんにちは、いつも大変お世話になっております。株式会社ヘッズ代表の暮松です。
さて今回の第5号では、「私が憧れた2人」についてのお話をさせていただきます。

私は、学生時代ある2人に憧れていました。
まずひとり目は、ブルース・リーです(笑)。
中学、高校と水泳をやっていた私は、大学でも水泳部に入ったのですが、 人数が少なかったことや知人先輩に引っ張られたこと、そしてなによりブルース・リーへの憧れから 水泳部を半年ほどで辞め、少林寺拳法部に入りました。

高校生の頃からブルース・リーの映画が流行っていたこともあって、 少林寺拳法部は人気でした。
少林寺拳法の本山が香川県の 多度津(たどつ)というところにあり、そこで合宿をしたこともあります。
大学卒業まで続け、最終的には関西少林寺学生連盟の副委員長まで務めました。
(ちなみにその後、少林寺拳法は続けておりません。)

そして、ふたり目は加山雄三です。
小・中学校のときにテレビで見て以来、ずっと憧れていました。
今でも海が好きなのはその影響だと思います(笑)。
それが潜在意識にあるのか、だいぶ前から船に乗りたいという気持ちがあり、 ついに小型船舶2級の試験まで受けてしまいました。
大人になってからと言うもの、勉強して試験を受けるなんてことがありませんでしたので、久しぶりの勉強はとても大変でした。
試験前日は夜中の3時すぎまでひたすら勉強し、翌朝、筆記試験を受けに行きました。
終わると次は神崎川に行き、ボートに乗って実技試験です。
ロープの結び方などの実技もありましたが、 おかげさまでなんとか小型船舶2級の免許を取得することができました。

ブルース・リーへの憧れから少林寺拳法をすることになったり、 加山雄三への憧れから船の免許を取得するまでにいたりました。
憧れを抱くことで自分の行動が促される部分があるんだなぁと、改めて思いました。
みなさんの憧れの人はどなたでしょうか?

◆こぼれ話◆
せっかく取得した小型船舶2級の免許ですが、実はその後、船に一度も乗っておりません。
船を持っていないのも理由ですが、免許を取得したのと同じ頃にゴルフのメンバーにもなりまして、 準備が断然簡単な(しかも楽しい)ゴルフが中心となってしまっています(汗)。
せっかく免許がありますので、いつかは乗りたいなと思っています。