新商品一覧へ

カテゴリから探す

ハンドメイドプリントシリーズができるまで

全て職人の手作業で色付け、成形されている大人気のハンドメイドプリントシリーズ。今回はその風合いをより楽しんでいただけるよう、どのように色付け、成形されているかをご紹介いいたします。

色付け方法


ハンドメイドプリントシリーズの色付けは、柄部分はハンコを押して、ドット部分はスポイトによる完全手作業で行っております。それにより、ひとつひとつインクや色の出方、柄のバランスなどの風合いが異なる仕様になっております。


  • 基本の柄をハンコのように押していきます。
  • 柄の間隔などは職人がバランスを見つつ押しています。
  • ドット部分は手作業で打っていきます。
  • 手作業のため、柄やドットの出方に違いが生じます。
  • 乾燥後に釉薬をつけて焼成します。

成形方法


◆鋳込み成形法による成形
石膏型に泥しょうを流し込み成形する方法になります。石膏型が流し込んだ泥しょうから水分を奪うことで固まり、余分な泥しょうは逆さにして排出します。主に花瓶(HNP-FB1、HNP-FB3など)やポット(HNP-FPO1など)商品はこちらで成形されています。


  • 泥しょうを型に流し込みます。
  • 一定時間経過したら逆さにして余分な泥しょうを排出します。
  • 型から、本体部分を取り外します。
  • 縁部分を整えて成形完了です。
◆ローラーマシンによる成形
型に粘土を入れ、ローラーを内側に挿入し、回転し成形します。主にマグカップ(HNP-MUG1など)商品はこの成形方法で作られています。


  • 型の中に粘土を入れます。
  • ローラーを押し当て成形します。
  • 取り外せば完成になります。
◆圧力鋳込みによる成形
上下で対になった型を積み重ね、泥しょうを圧力をかけて流し込み成形する方法になります。主にお皿(HNP-PLA1など)や豆皿(HNP-IPS1など)商品がこちらで形成されています。


  • いくつかの型を繋げてを固定し、泥しょうを圧力をかけて流し込みます。
  • 時間を置き、ある程度乾燥したところで型から外します。
  • 並べて乾燥させれば完成です。